スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
少年との出会いと年末ボランティア
昨年末のボランティアも無事に済み、日本の成人式も終わり、私も忙しいのが少し楽になりました。

なんで長いことボランティアをやっているかと申しますと、約20年前近所のごみ投げ少年と知り合いました。当時とても悪ガキでどうしようもなかったのですが、ちょっと見所があったので、根本レストランのごみ投げの仕事をたのんだら1年くらい続けてくれました。

そこで学校で勉強したいか聞いたら、勉強したいと言うので高校卒業まで面倒を見たことがありました。何を隠そう彼の住んでいたところが、毎年ボランティアをしている地区になります。

彼はネモトでごみ捨ての仕事をしてたからでもないでしょうが学校卒業後フィリピン国道の清掃をする公社に入ることができました。仕事はともかく公務員でした。

なぜ過去形かというと、残念ながら昨年末交通事故でこの世を去ってしまいました。

今日彼のお母さんから、呼ばれたので家(スクウォッター)まで行ってきました。怖くはないですが、道なき道を、まるで迷路のようなところを歩いていかないといけないので、普段はあまり行きません。

今日は、どうしても来てほしいと言われて出かけました。


遺品を整理していたら、なんか重要な書類が出てきたみたいです。

お母さんは字を読めませんが、なんとなく大事だと思ったらしく私を呼んだのです。書類は生命保険の証書でした。保険金額は書けませんが、ここフィリピンではかなりの額の保険でした。

公務員でもあったので国からも年金が出る連絡があったことも聞きましたし、彼の後任に妹さんが仕事に就いたことも聞きました。

「息子は死んでしまったけれど、家族にこんなに残してくれたのもタイ子さんのおかげです。」と言われて私もまた一緒に泣いてしまいました。


フィリピンの人は、お金が入るとすぐに使ってしまう方が多いので、無駄遣いをしないようにということを話をしました。


息子さんが亡くなって悲しいと思いますが、母親に残した財産が有ったという事はある意味親孝行だったのかもしれません。私もこの子の面倒を見てきて本当に良かったと誇りに思います。





P1000410.jpg
少年の母親です


P1000445.jpg
家もこの通り、壁もシートで代用です


P1000439.jpg
家の中で少のお母親はいろいろ語ってくれました・・・


P1000440.jpg


P1000416.jpg
近所の様子



P1000412.jpg
近所の家族も同じような環境で生活しています


P1000430.jpg

近所の女性たち、みんな元気です


P1000450.jpg
母親の台所・・・息子の残してくれた財産で台所のコンロやガスを買いたいと言っていました


P1000442.jpg



P1000432.jpg
どことなく悲しそうな母親の姿でした


mama.gif

最後にフィリピン情報のクリック協力をお願いしますネ
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
【2010/01/12 16:21】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。