スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
思い出の場所・・・ヒーソンパン屋さん
ピンコロバンドを追いかけている内に私は、二人の友達と知り合いました。

大阪の守口でそば屋の娘さんで純子さん

千葉で「私は、アンアンのモデルと威張っていた」フミ子さん

純子さんはマラボン、フミ子さんはトンド、私は、シンガロンに住んでいました。

私は、東京レントラン(前にも書きましたが今は無いです)で仕事をしていました。

友達の二人がお金が無いので仕事がしたいと言うので紹介して働き始めました。

でも、一ヶ月くらいで辞めてしまい帰国しました。

フミ子さんが私に言った言葉を今でも覚えています。

「タイ子さん、こんなフィリピンで生きていく人はバカしかいないよ」と言われ私も考えましたが残ることにしました。

ある日、タイ子さんナイショで明日エアポートまで送ってくれる?と言われたので待ち合わせ場所に行ったら彼女が一人だけで・・・私に抱きつき何も言わず泣くだけでした・・・そうして泣き泣き帰国したのです。

フミ子さん、純子さんとの思い出の場所がヒーソンパン屋さん&レストラン

そのレストランにスパゲティーが美味しいのですがお金が無い・・・

そうすると、アンアンのモデルをしていたフミ子さんがスポンサーを探してきます。

スポンサーが来て三人で押しかけると、相手は目を「パチクリ!」三人で食べてそれでありがとうと言って帰ります。

・・・フミ子さんと純子さんが居なくなり、私が一人仕事をしていると、日本人の知らない人が私を訪ねてきました。

その人は、封筒を出してフミ子さんから預かって来たと言っ話もせず去って行ったのです。

封筒の中には、現金3万円とメモが・・・「私は、タイ子さんとは遠い世界に入りましたので私を探さないで下さい」と書いてありました。

今でも音信不通です。フミ子さんのことを思うと涙がでます。

そして今でもフミ子さんと純子さんもことを思いだすと一人でヒーソンパン屋さんに行きます。

このヒーソンパン屋さんは有名で、スペイン時代よりある歴史のあるパン屋さんなど知らずに私達三人泣いても笑ってもヒーソンパン屋さんでした・・・

ちょっと値段は高めですが、騙されたと思って食べてみてください。とても美味しいですよ。

パン売りのおばさんがちょっと愛想がないですが・・・行ってみてはどうですか?


PB170686.jpg
ヒーソンです

PB170681.jpg

PB170682.jpg

PB230072.jpg
人気のパンです P90です

PB230070.jpg
レストランのパイ・・・どれも美味しそうです。

PB230071.jpg
レストランのダイニングです。

mama.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2009/11/23 19:38】 | 昔話し | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。