スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マニラの少し北、大東亜戦争地・・・ワワダム
マニラの少し北、モンタルバンの外れにワワダムという所があります。

大東亜戦争のときに、ここも戦地となり約3万人の日本兵の方が亡くなっています。

私もガイド時代には戦跡ツアーで何十回と来た所ですが、今回約10年ぶりに訪ねてみました。

ガイドの時にお連れした生還者の方々から、当時戦争時代のさまざまなお話を聞きましたが、少し紹介いたします。

マレーの虎と言われた山下将軍は、血の戦争はやめようとマカティのマッキンレー兵舎で誓いました。

将軍はハーバード大学を卒業し英語もでき、またカトリックのことも勉強していたので、フィリピンの方たちも始めはとても期待をしたのだそうです。

しかし2週間後には残念ながら血の戦争に突入してしまいました。

マニラからワワダム、そしてイポダムを通ってカバナツアンの方へ抜け、更にバギオの方へ向かいました。

水の確保は戦争中も大事なポイントですので、アメリカ軍と日本軍の大きな戦いが、ここワワダムでもあった訳です。

真相は私にはわかりませんが、山下将軍はワワダムのどこかに何かを埋めたとも言われています。これが有名な「山下財宝」の一部かもしれませんね。

以前来たころは途中までしか道が舗装されていませんでしたが、今回行って見ましたらかなり先の方まで車が入れるようになっていました。かなり楽になった印象です。

現地には観光省もでき、ワワダムも観光地化されてきているようでした。

話を伺いましたら、外国人の方はまだ少なく、殆どはフィリピン人の学生さんや社員旅行などの方だそうです。

駐車場の先から徒歩で山の方へ入っていきます。

現地ガイドさんがいますので、連れていったほうがよいと思います。

私も200ペソでガイドを雇いました。

偶然だったのですが、以前ガイド時代に来たときと同じガイドさんにあたりました。

約10年ぶりの再会でしたが、彼とのツアーの様子は、明日にいたします。




1-P1100873.jpg



2-P1100876.jpg



3-P1100861.jpg
生還者の方の話ですと、この当たりでお風呂に入ったとのことです


4-P1100798.jpg
兵隊さんが現地の人と一緒に遊んだ場所だそうです


5-P1100796.jpg
兵隊さんが掘った洞穴


6-P1100765.jpg
ワワダムの水道管をチェックする入り口


7-P1100757.jpg



8-P1100756.jpg



9-P1100750.jpg



10-P1100714.jpg



11-P1100708.jpg
私が昔来た時は、手すりも無く、あぶない橋でした


12-P1100699.jpg
地元のお百姓さんが町に売りに行く様子


13-P1100695.jpg
トンネルを掘って道を作っています


14-P1100645.jpg
この橋は、静かに渡らないと怖いです


15-P1100468.jpg
昔は、左の手すりは無く、ビクビクしながら歩きました。左側は崖です


16-P1100689.jpg
ダムの管理棟・・・昔のまま変わらないです


17-P1100656.jpg



18-P1100620.jpg
ダムの下では気持ちよさそうに泳いだりしています


19-P1100618.jpg



20-P1100608.jpg
ダム湖・・・ここでも兵隊さんが食事をしたとのことです


21-P1100606.jpg





いつも見てくれてありがとう・・・
最後にクリックをお願いしますネ

↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【2010/06/28 14:45】 | 観光 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。