スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
元気で戻ってきました
元気で戻ってきました。

3月11日の夜、マニラを出発(PM8:30分)して、マニラ、ブラカン、パンパンガ、ターラック、パンガシナン、ラウニオン、イロコススルの7つの州を通り過ぎて3月12日(AM4:00)目的地のビガンにたどり着きました。

まだ外は、暗かったので何も見ることが出来ず、ガソリンステーションで3時間ほど休んでいる所に、ビガンの少年が2人近付いてきました。

暗かったので私を「アーテ、アーテ(お姉さん)」と言うので私はうれしくなり話をしました。

彼らは、イロカノ語の言葉が半分以上だったので言っていることはあまりよくわかりませんでしたが、私たちのことを観光客と気がついてビガンには観光客に悪さをする人はいないから安心して、ガソリンステーションの備え付けの椅子で休みなさいと言うことはわかりました・・・

これだけのやり取りでしたが、ここの人は、暖かみがあるなと言うのは感じました。

だんだんと明るくなってくると、「アーテ、お腹が空いた、ターホをおごってください」とねだられました。

マニラと違って嫌らしさを感じませんでしたので、いっぱい食べさせてあげました。

そしたら、観光案内でカレッサ(馬車)代がいくら・・・トライシクルがいくらと細かく現地情報を教えてくれました。

写真を撮りたかったのですが、暗かったので残念ながら彼らの写真はありません。

でもなかなかの美少年でした。15~16才くらいかな・・・

夜も明けて仮眠させてもらっていたガソリンステーションの女主人が出てきて私たちを観光客とわかってトイレを貸してくれたり、観光地図も無料でくれたりと、とても親切にしてくれました・・・

いただいた地図を見ながらビガンプラザホテルに向かいました。

まだ朝でしたが、予約も無しで行った私たちに追加料金も無くすぐに空き部屋を案内してくれました。

荷物を部屋に置いて、ホテル前に止まっているカレッサに乗り観光に出かけました。1時間150ペソの料金です。

1台に3名で乗りましたが「あなたは重そうだから追加料金あり」と冗談を言われて乗りました・・・



1-P1040092.jpg
ビガンのゲート


2-P1040108.jpg
少年たちと出会ったガソリンステーションの椅子


3-P1040110.jpg
ビガンプラザホテル


4-P1040330.jpg
ビガンプラザホテルの美人さん


5-P1040334.jpg



6-P1040338.jpg
ビガンプラザホテルの前


7-P1040112.jpg
カレッサ・・・愛嬌があります


8-P1040113.jpg



9-P1040116.jpg
カレッサに乗って観光です


10-P1040326.jpg
道沿いにみつけたベンチ・・・おしゃれです


11-P1040317.jpg
ビガンの町並み・・・


12-P1040329.jpg
ビガンプラザホテルからすぐとなりの民芸品屋さん・・・なぜかお巡りさんが民芸品を見ていました


続きは、また明日、どんどん書いて行きます

疲れましたけど楽しかったです・・・




いつも見てくれてありがとう・・・
最後にクリックをお願いしますネ

↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
【2010/03/15 15:21】 | 観光 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。