スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「ねもと」のサントニーニョ像
サントニーニョ(幼イエス)の像が「ねもと」の畳の部屋に置いてあるのですが

30年前にシンガロンにあるアパート(下宿)を借り、引越しをした時の話です。

きたない下宿に手と足が無いサントニーニョがありました。

前の住人が忘れていったのか?捨てていったのか?わかりませんが、ふと母の顔が脳裏に浮かびました。

私には処分することが出来ず50ペソの安い給料でしたが

神様ですのでかわいそうと思い近所で治す所を探し、治してあげました。

顔も汚れ、身に付けていた服もボロボロになっており きれいに磨き、服を着させた時の微笑んでいたようなサントニーニョの顔は今でも忘れることが出来ません・・・。

フィリピンに来て40年になります。いろいろなことがありましたが、いつも相談をするのはこのサントニーニョです。

今の私があるのも、このサントニーニョのお陰で今は深く深く感謝の気持ちでいっぱいです。

毎年1月の第4日曜日にサントニーニョのフェスタがあるのですが、毎年「ねもと」も参加しおみこしを出しサントニーニョを先頭にロハス通りを歩きます。

ねもとの社員、家族隣近所の人たちが参加します。

この日が私にとって1番の大切な日です。

ホームページの「こぼれ話」にも記事がありますので見てください。

P9290452.jpg


P9290451.jpg


mama.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2009/10/29 17:13】 | サントニーニョ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。